スマートフィルターのTIPS

なんだか眠れないので徒然と書いてみます

Photoshop CS3のスマートフィルタに関するTIPSです。
スマートフィルターの一番の長所は「後でパラメタを変更できる」という非破壊的フィルターの使用だと思います(異論はあるでしょうけど(汗))。スマートフィルターにフィルターマスクは使えるのですが、じつは困ったことにひとつのスマートオブジェクト(スマートフィルターを使うレイヤーですね)にフィルターマスクはひとつしか使えないんです。ですからスマートフィルターにスマートフィルターをかさねて使う場合、マスクを使うと同一の範囲しかフィルターがかけられません。

さて、じゃあスマートオブジェクトを2つ作って「塗り」で%を変えて効果を見れば、ということを考えたのですが、これが意外とうまくいきません。

たとえば背景からコピーしスマートオブジェクトAとBをつくり下から背景/スマートオブジェクトA/スマートオブジェクトBとしますAにはフィルターマスクを肌の部分以外にかけ、ぼかしをいれてみます。ぼかしが完成した後、これに「塗り」を30%くらいにすると、滑らかな肌ができ、ぼかしのパラメタをあとで修正が可能です。さて問題はここからで、次にまつげをシャープにしたい。これ非破壊的にやろうとすると、はたと困ってしまいます。Bにまつげ以外の部分をフィルターマスクをかけスマートシャープで、とするとうまくいきそうですが、実は、マスクをかけた部分はBを作成した時のまま(背景のコピー)になってしまいスマートオブジェクトAの効果が反映されません。今までこの場合、「塗り」を薄くしするか、スマートオブジェクトをラスタライズして改めて作り直すかパーツをきってきてそこだけシャープをかけるかなんですが、塗り以外はどれも破壊的作業になりますです。
 で、今日気づいたのですが、スマートオブジェクトをかける際に一番簡単なやり方がありました(ひょっとするとマニュアルに載ってるかな?(汗))。
直接スマートオブジェクトにフィルターマスクをかけるのではなく、スマートオブジェクトをひとつづつグループ化し、このグループ全体にフィルターマスクをかけるというやり方です。

 上の例ですとAにスマートフィルターでぼかしをいれ、その後Aグループにレイヤーマスクをかけます。次にBにスマートフィルターでシャープネスをかけ、Bグループにレイヤーマスクをかけます。とすると各々作ったグループが後でパラメタが変更できるレイヤーのように扱えるようになりました。

 これ思いつくのが大変でした~(ってどこかに書いてそうなんですが)
f0079720_2512016.jpg

[PR]
by ttx2ttx | 2007-12-13 02:51 | レタッチ
<< 個人撮影会で日中シンクロ α700+70-200mmF2... >>