「ほっ」と。キャンペーン

αシステムで女性ポートレート (4) 機材編

さて、やはり機材関係はどういうのを持っていったらいいのかというのは気になるところです。
ま、一応テーマは「αシステムで」なんですが、それ以外のシステムも含めて少しここで。

僕のよくいく撮影会では大体、ISO200でF2.0でSS1/250ぐらいですので絞り込んでということであれば高感度のノイズが少ないカメラかフラッシュが必要です。

(1)でα700のISO400の暗部ノイズをちょっとくさしましたが(汗)、いや、高感度に強いといわれる他のメーカーの機種のISO400でも暗部のノイジーな感じはあるみたいですので、α700の名誉のためにも700が高感度に特に弱いってことではありませんので訂正しておきます。すいません。
実際、今日見た雑誌でも他メーカーISO400で微妙に色ノイズでてましたし(汗)。





さてよく話題になるのが「コンパクトデジタル(コンデジ)はどーなの?」という疑問。

まあ、写真好きなら分かっているのでこれでどーこー言う人は少ないかと。
基本的にはコンデジでも問題ないですし、それをくさす人はいないでしょう。
てか、僕も含めて他の人の機材は気になりますが、同じ嗜好性の人の機材が気になるわけで、たとえば僕でしたらαユーザーの方の機材は気になりますけどねぇ。
基本的には「コンデジでもいい写真は十分撮れる。けれども作画意図を実現する範囲はデジ一が強い」ってことじゃないでしょうか?

てことで、αシリーズに戻して持っていく機材を書いて見ます。

1)Sony α700 ×2 縦グリップつき
まあ、持っていきます(笑)。何故複数台かというと、単焦点レンズを多用したいんですよね。そうするとレンズ交換の頻度が増えますので、可能な限り少なくてすむようにしています。それとファインダーが1台はM+L型に換えていますので明るいレンズ用です。これ、F4より暗いとMFが逆にしずらいので暗いレンズはノーマルファインダーにつけています。
あとは万が一1台がトラブルを起こした時の対応ができることかな?あとカメラの予備バッテリーも忘れずに。

高感度特性が強いので最近はα700ばっかりですね。

2)レンズ
常時持っていくレンズは
Sony 35mm F1.4 G
Vario-Sonnar T*DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA
Planar T*85mm F1.4 ZA
です。
で、スタジオのみやスタジオ+屋外ロケですと
Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
屋外ロケのみですと
135mm F2.8 [T4.5] STF
70-200mm SSM
あたりになります

3)フィルター
屋外ロケでPlanar T*85mm F1.4 ZAやSonnar T* 135mm F1.8 ZAを使う場合は必ずNDフィルター持参します。要は絞り開放でシャッター速度の最高速(1/8000)を超えないようにするためです。あと、グリップストロボで日中シンクロをするときも必ず持っていきます。
NDフィルターは一番口径の大きいものに合わせて買い(僕の場合はSonnar T* 135mm F1.8 ZA)これにステップアップリングをつけて使ってます。

4)ストロボ
これは撮影会で絞りたい場合やライティングで光量が足りない場合は必須。まず、初心者の方は問答無用に後と左右に首が振れるストロボ買ってください。αユーザーなら今のところは絶対 HVL-F56AMです。まあ、光量(GN)の大きいものがいいんですが天井バウンスするときに左右に首が触れないと縦位置でできないんですよね。
まあ、どうしても予算がという事ならディフューザーキットDFU-01
を使ってHVL-F36AMでこのシステムが影が綺麗になりますのでお勧めです。

5)メディア
 まあ、たくさん持っていかれるのが吉かと(笑)。僕はUDMA対応8GBのCFを各カメラに一台ずつ、あとサンディスクEX III 8GB 、4GB、2GB、Ultra II 2GB×2持っていってます。
まあ、RAWでブラケットかけたりするんでおおいです。

6)メディアストレージ
EPSON P-5000とPDX-7。普通2台もいりません(笑)。P-5000は画像をチェックしてPIVIで打ち出してモデルさんのサインをもらうためです。それ以外はPD-7Xが爆速なのでこちらに保存しています。
メディアが少ない場合はストレージはいるでしょう。

7)プリンタ
まあ、サイン会があるところではPIVI(MP-300)で打ち出してサインもらったりしてます。
意外と大事なのはMP-300はUSBが使えてPict Bridge対応なこと。これだとP-5000から印刷ができます。で、印刷時にカメラを使わなくてすむのでバッテリーの消耗を防げます(これ大事)。

あとサインペンもお忘れなく。僕は写真に書けるこれを使ってます。

8)ホワイトバランスセッター
撮影会によってはグレー用紙を用意してくれていますが、まあ、一台あると便利かな。
これは用紙をもってもらわなくてもいいのがいいです。撮影会によってはライティングが途中で変わるので役にたたないことも多いです(笑)。


さて、きょうはこのへんでおしまいっす
[PR]
by ttx2ttx | 2008-01-20 20:48 | 機材
<< 日中シンクロ雑感 αシステムで女性ポートレート ... >>