Sony α900発表!

とうとう発表されました>α900

待ちに待った念願のフルサイズです。なにげにいいのがAF微調整機能。これって開発側ではあんまりつけたくない機能なんでしょうけどね。AFの精度がレンズによって十分ではないってことを認める機能ですから。でも、ユーザーにとっては凄くありがたい機能、凄くユーザー本位の機能なんです。特にAF35mm F1.4Gがどーもピンをはずす傾向にあってlこれを何とかしたいってのがありますゆえ。

ま、僕はフルサイズであることと微調整だけでも買います(爆)



あとは相変わらずの高画素化の道を走っていますね。今のSonyなら画素を押さえて低ノイズ化すると言うのはやれない事はないと思うのですが・・・
想像ですが、高画素化のメリットは1)商品価値(笑)、2)トリミング耐性、そして3)耐ノイズ対策かと。3)は低画素化すればノイズは減りやすくなるので一見矛盾するようですが、ディテールを残しつつノイズを減少させる苦肉の策かと。要は高画素・高感度でもノイズの発生を許す代わりに画素数に対してノイズの割合を抑える、要はS/N比をあげるというやり方なんだと。このあたりは流石オーディオ屋という感じですね(笑)。高画素で一定の割合のノイズならば縮小をかければノイズは見かけ上減少するとうやり方を採用しているようです。これだとノイズを塗りつぶしてディテールを損なうことは少なくなるという判断なんでしょう。

ま、兎に角派手さは少ないものの堅実さの目立つ商品です。こういうのって触ったら絶対欲しくなるカメラ、なんですよね。

新発売のレンズはVario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM
は絶対買いますが、70-400mm F4-5.6 G SSM は懐具合に応じてですね。サーキットに撮りに行ったら欲しくなるかも

個人的にはAWBが賢くなってくれているといいんですけどね
[PR]
by ttx2ttx | 2008-09-10 22:40 | 機材
<< Sony 35mm F1.4 ... EPSON PX-5600のカ... >>