2008年 01月 14日 ( 1 )

αシステムで女性ポートレート (2) 撮影会編

なんとなく息切れ感が強いテーマではありますが(汗)、気にせずに続けたいと思います。

さてαシステム/Aマウントはいい中~望遠レンズが揃っているのはご存知の通り。特に馬場先生はポートレートを勧めてられますが、現実的にはなかなかポートレートを撮影する機会がないかと思います。

もちろん、子供さん・奥さん・恋人・知人がモデルっていうのもいいですし、僕も始めてMinolta 85mmF1.4(I)を買った時は友人のお見合い用スナップをこれで撮っていました。当時銀塩でしたのでこれで、被写界深度と絞りの関係を体感した口です。余談ですがこれってよっぽど撮影の時のデータを残していないと上がりの時に忘れてしまうんですよね。

 さて、被写体の方がプロのモデルさんでない限り(そうならうらやましいのですが(笑))、ポーズのバリエーションや見せかたに限界が来るかと思います。ま、僕は定期的に撮影させてくれる被写体がいなかったこともあるし、肖像権(いまだ法律上は明文化されていませんが念のためです)うかつにスナップばりのポートレートは許諾の関係からできそうにないということから少人数の撮影会にいきだしました。

で、そのあたりのことを、これから撮影会に参加しようとされる方にまとめてみました。

1)撮影会参加前夜(爆)
 まず撮影会にいくのに一番初めにする事はどの撮影会にいくかと(当たり前ですが)。で、一番いいのは好きなモデルさんということなのですが、まあ、TVで有名な芸能関係の方はまず持って撮影会に出られる事が少ないですし、あっても高いですし。というか僕はそのあたり疎いので撮影会いき始めて特定のモデルさんの撮影会にめがけていくことができてきたくらいですし、いまでもほとんどそのパターンはないんです(汗)。
 純粋にポートレート(特に女性)を撮りたいということであれば、まずは撮影会のリンク集をネットで探して各サイトのチェックを。いいなとおもうモデルさんがいればそこが一番です。が、次の点にご注意を。
 まずは参加人数。大人数の撮影会(概ねモデルさん一人当たりに10名以上の参加者)ですと、目線をもらう機会が少なくなるのでフアンの集い的なニュアンスでなければ少人数撮影会のほうがベターかと。はじめての撮影会で1対1の個人撮影会は僕的には苦しいんですが、これは主催者さんがレフ係やってくれたりモデルさんがすすんでポーズをとってくれるのでケースバイケースかとおもいます。が、ポートレート撮影のテクニックって他の参加者の方の参考になる事が多いので「初めて」なら少人数撮影会のほうがいいかなと。撮りたいイメージ(背景やコス関係、ライティング)に明確なイメージがあるなら個人撮影会は面白いと思いますし個人撮影会でないと撮れない写真ってのがありますね。
 さて、そうはいっても右も左も分からないしといことであれば、各撮影会でネットにアップされている方にお勧めの撮影会を問い合わせするのもいいかと思います。ご迷惑がかかるといけないのでここでリンクは貼りませんが(汗)、僕はいろいろサイトを見せていただいて直接参加されている方に教えていただきました。皆さん親切なんですよね~(しみじみ)。これで教えていただかかなかったら、多分撮影会には参加してなかったと思います。参加されている方の口コミって大事ですよね。

さて、このテーマまだまだつづきます。上目目線ではないのでご容赦を(汗)
[PR]
by ttx2ttx | 2008-01-14 20:36 | 写真雑談