「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ETC( 9 )

なんだか、うれしい

最近ずっと個人撮影会で撮らせて頂いている木下ゆぃさんですが、次回の撮影会告知で宣材に使っていただきました。
オリジナルはこちらですね

やっぱうれしいですね、使っていただけると(ピース
2008/04/24で全8部中5部が予約済みみたいです。
ゆぃさんの魅力が少しでも伝わったとしたらとっても嬉しいです。
(宣材と全然関係なかったりして(汗))

ちなみに4/26は残念ながら他の撮影会の予約でお休みです
桜じゃないですよ(爆)
[PR]
by ttx2ttx | 2008-04-24 18:47 | ETC

2007年 Photolife

さて、少し日があきましたが(^^ゞ
RAW以降のワークフローはまた改めて。

今年は本格的に写真を始めました。ま、再開なんですけどね(^_^;)
ただポートレートを本格的にやろうと思ったのは今回が初めてで、
ひとえにAマウントにCarl Zeissのレンズを買い足したのもあります。
よく考えたら今年の3月に大阪オートメッセでキャンペーンガールを撮影してから
ポートレートが面白くなりましたね。
で、初めて少人数撮影会に行ったのがここで4月21日なんですよね、それも今年の(笑)。
嵐優子さんは素敵なモデルさんでそれ以降いろいろ撮影会に出没するようになりました。
ま、ほんの8ヶ月前ですけどなんだか甘い写真ですね(^_^;)。
でも、嬉しくってがんがんアップしているような気がします。当時はレタッチも殆ど知りませんでしたしねー^^;。

それと格段の違いがピンのきかたです。撮影会行きだした当初はほんとにピンが甘いんですよね。これにあるとき気づいて狙ったところにピンを持ってくることにずいぶんこだわって撮影してきました。外部ストロボの扱いやディフュザーの使い方大型ストロボによる日中シンクロまでいろいろ経験できましたし、学ぶ事が多い一年でした。
レタッチもある程度ルーチンで思った表現が出来るようになりましたし、経験値はそれなりにゲットしたかなと思います。
来年は光の読みをもっと磨きたいですし、ライティングも試してみたいです。それともっと大事なのはモデルさんのいい表情とモデルさんの雰囲気に見合うポーズの指示が出せる事が課題かなと。
そして、そこには好きなモデルさんの新しい部分の発見や新しいモデルさんの出会いなどわくわくする事が沢山あるかなと期待しています。それと同好の皆さんの輪がもっともっと広がるといいなとしみじみ思います。

アマチュアフォトグラファーとしてモデルさんに「撮ってもらってよかった」という作品を一枚でも公表出来たらなと何時も写真をセレクトしている最中に思います。

ということで、今年も一年有難うございました
来年も宜しくお願いします。

TTX (Tetrodotoxin)
[PR]
by ttx2ttx | 2007-12-31 23:32 | ETC

NapでSnap

Napping Time
Napping Time posted by (C)Tetrodotoxin

ま、たまにはスナップなど
[PR]
by ttx2ttx | 2007-09-16 18:42 | ETC

α Lenses

どうやら当選して、今日送られてきました。まあ、ぱらぱらとしか観ていませんが第1印象として一番大事なのが全レンズのMTF曲線のページかな(笑。いや無料でもらっておいてケチをつけるのはなんなんですが、作例はちょっと、てな感じです。いや、うまいんですよ、どの作例も。作品としてケチのつけようがないのですが、撮影のセッティングが僕的には?でした。
たとえばサンニッパの作例でなんでF5.6まで絞ってとってるのか・・・。いや、写真家の「作品」としてなら作画意図として全然問題ないのですがレンズの作例としてはね。MTFでも開放から天井張り付きというのが売りの高価格レンズでわざわざ絞ってというのはどうも・・・。ま、スポーツ写真の作例ですからα-100のAFの信用出来なさ&置きピンで被写界深度を稼がないとなかなかピンが・・、というのも分かるんですけどね(笑)
同じく、Planarの作例も妙にF2.8(これで2段絞り)やF4(これで3段絞り)で撮っているのを観るとなんだかなぁと。Planarは僕的には絞り解放で少し甘くなる(これ、なんだかピンずれでもないようなんですが)ので作例としてはちょっとと思うんですが、せめてF2.0で撮ったのでもいいかもと。Sonnarの作例F4まで絞っているのはなんだかなぁという感じです。コンデジ移行組みだとやはり人物の一部がアウトフォーカスになってるってのは「しっぱい写真」のようにみえるんでしょうか・・・。しかしこのクラスの高価な単焦点を買う人がコンデジから移行して即買うとも思えないのですが・・・。実際35mmF1.4GはF2の作例があるんですけどね。どうしてもピンがきている部分を十分見せたいという編集方針があるようですね~。
ま、写真集として楽しむ分にはいい「作品」集だと思います。交換レンズにまつわる「夢」がみっちり入っている本ですね(にやり
[PR]
by ttx2ttx | 2007-08-12 19:51 | ETC

作品撮りの女性モデルさん募集

最近、女性のポートレートに魅力を感じ、勉強したいと感じています。そこで近隣のかた募集です。
■カメラマンの性別■
男性
■希望モデルの性別・年齢■
女性 20-30歳
■撮影場所■
滋賀県近代美術館 庭園・芝生など
■撮影内容(なるべく具体的に)■
 ポートレートの作品撮りです。イメージとしては元気でみずみずしい中にもほんのりとした色香が漂う作品を目指しています。ま、セクシーさより元気よさが中心になるかと思います。
 私服でOKです。春めいた服をご用意ください。もちろんリクルートスーツで、春をあらわすってのもありかと。
■希望撮影日時■
13:30-17:30 曜日はは土日になるかと思いますが相談させてください。
■謝礼有無■
申し訳ございませんが、撮影したデータをCD-Rもしくはネットに上げDLになるかと思います。京都・大阪・滋賀あたりのかたですとJR草津までの往復運賃(JR換算)+αぐらいです。
■公開・非公開■
僕のブログやサイトでの公開およびフォトコンテストへの参加です。
■撮影機材■
デジタル一眼レフ(Sony α-100)
銀塩一眼レフ(ミノルタ α-7)
■撮影歴■
かれこれ20年ぐらい(ブランクあり)。ポートレートはここ半年です。
■アピール・その他■
今までの作例 ポートレートはそれ程場数を踏んでいませんの一緒にいい作品をつくろうとしてくれる方大歓迎です。
連絡はpsyfi-lj(at)infoseek.jpにて スパム予防のためです。(at)→@に直してください。
タイトルは"作品撮りのモデルの件"としてください
他のサイトで女性ポートレートの作品を上げていますのでご興味のある方はご連絡ください。
[PR]
by ttx2ttx | 2007-04-09 00:27 | ETC

コンピレーションCD発売されます。

MIXIで募集されてましたMixi内の初企画コンピレーションCD MixiximがHMVのサイトより発売になります。

僕もTetrodotoxin名義で"Against the monster in your darkness"を提供しています(DISC-2 16)

よろしかったらどーぞ。ってか是非!
[PR]
by ttx2ttx | 2007-01-10 22:58 | ETC

So-netフォトコンのピックアップにのせていただきました

単純に嬉しいですw。
12/29付けのピックアップです
ま、いつもの花噴水の写真なんですがw、通常のイルミの写真の中では毛色が違ったようで掲載していただきました。
左上の「湖上乱舞」、Tetrodotoxin名義です


Nice!をクリックしていただいた方、アクセスしていただいた方、大大感謝です~。

ちなみにSo-Netのフォトはこちら(と宣伝w
[PR]
by ttx2ttx | 2006-12-30 16:33 | ETC

こちらは文章中心で

えー
作例にかんしてこちらは画像の大きさの制限が厳しいですので基本的に文章+参考程度の写真にしようと思っています。
作品はこちらのブログで

作品あげときます。どれもそれなりにいじっているのであんまりレンズやカメラの作例としては忠実じゃないです(笑)

今までの掲載分
波止場の夜景
紅葉
Light Screen
小さな噴水
花噴水
大津港の夜景
イルミネーション
[PR]
by ttx2ttx | 2006-11-30 20:42 | ETC

写真の禁じて

写真は何を切り取ろうとしているのかでは、写真における引き算って言うのを考えてみました。

 で、僕的に写真という芸術における反則技は何か?というのを考えて見ます。

 極端な話、倫理規定に引っかかるようなものでさえも、いい写真は技法の上に立っているような気がします。アラーキーは天才でも、ある瞬間を凍結するということに関しては被写体やその状況がキテレツ(失礼)であっても、それは写真の作品的な王道かと思います。

 僕が考える写真の禁じ手は、(僕自身の好き嫌いは兎も角(笑))、「多重露光」と「デジタル化によるコラージュ」かと思います。「写真の素材化」といってもいいかもしれません。デジタル化することにより、デザインの一つとしての写真というのがありますね。多重露光は時間軸・空間軸を分断して一つのフレームに収めるものですし、フォトショの加工で重ね合わせることはこれをデジタルで行うことですから。

 そういう意味では、このあたりが新しい写真の方法論になるような気がします。
[PR]
by ttx2ttx | 2006-05-03 11:33 | ETC