<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ライティングレシピ 夏の順光をシミュレートしてみました

モデルは佐々あゆさんです。

一年以上放置していましたが(汗)、久しぶりのライティングレシピです。
通常、太陽光のライティングはベアバルブ、なんですが、今回はこんな感じで
Under the summer sunshine in Autumn(DSC05480)

 一応、肌はぎりぎり飛んでませんよ、ええ(笑)。
 これはディスクリフレクターの直あてなんですが、気持ちフェザーリングしています。ていうか、そうなってしまったというか(汗)。背景と被写体が離れていると影が薄くなり、顔の陰影は結構コントラストが強く出ています。
 あまり、ディスクリフレクターのライティングって作例がないのですが、なかなか面白い描写になりました。ひとつは方向性のある光であること。それとディスク前面に光が回り(原理的には前面180度にわたって)、被写体と影が投射される距離があると(背景とモデルさん)陰影が薄く、距離が近いと(あごの部分)陰影がこい(コントラストが高い)描写になります。 感覚的にこれって外の太陽光に近いかなぁと思いました。
 ただ、これ、白ホリの上で発光させているので色がのらないんですが、スタジオの床や天井に色がついていると色かぶりを起こすので要注意です。
[PR]
by ttx2ttx | 2010-10-28 00:44 | 機材