初めて買ったペンタックス機

 ということで、解像度・大判印刷への対応を考えて買ってしまいました>Pentax 645Z
f0079720_05434.jpg

まずは使用感から。
AFはなかなかいいです。ただ、比較がソニーなのでw それでも大きくて明るいファインダーはピントがマニュアルでもあわせやすいです。以前のFA645 シリーズはAFとMFの切り替えがレンズの鏡胴を前後させるのですが(これ知らずにMFしかできなくて激あせりw)、D FA645 55mm F2.8はAFで合焦後にピントリングをいじるとMFに変ります。これはソニーのDMFと同じですね。センサーが大きいので焦点距離は135判レンズ(フルサイズ)換算するには0.8倍です。
 ちなみにペンタのFA645シリーズのレンズはボケ味優先であまり収差をがちがちに補正していません。当倍にすると結構グリーンフリンジがのります。その分ボケがきれいです。特にFA645 150mmF2.8はボケ味がきれいで、ピントの部分も独特の柔らかさがあります。逆にD FA645 55mmはばきばきの解像度重視でディテールばっちりです。なんでも中古は33-55mm F4.5,120mm F4 マクロ、150mm F2.8が結構人気だそうな。
流石の5140万画素、手ブレが一発で目に付きますw
 さてこれからまた報告していきますね。サンプルはこちら
[PR]
# by ttx2ttx | 2014-08-17 00:17 | 機材